パーソナルカラーで「似合う」と言われた色が似合わないのはなぜ?【顔タイプとの関係性】

こんにちは、ゆきです。

パーソナルカラー診断を受けたら、こんな色が似合うとドレープを渡されたんだけど…
その中でも似合うと言われた 色があまりしっくりこない!なんで?誤診?

そう悩む方に向けて。

私も、同じように悩んだことがありました。

私のパーソナルカラーは
1stブルベ夏・2ndブルベ冬。

診断士さん

暖色系ならこれが似合いますよ!

と言われた、青みがかった赤やピンク。

↑実際に私がもらった資料

しかし、実際この色のトップスを身につけると、全然しっくりこない。

似合うと言われた色の中でも
濃い青はしっくりくるのに、パステルカラー系の水色は微妙だったり。

こんなふうに、

  • ブルベ冬だけど、モノトーンが似合わない
  • イエベ春だけど、オレンジ系よりモノトーンやくすみ色の方がしっくりくるのはなぜ?

と、考える方はいると思うんですよね。

そういう方に確かめてほしいのは「顔タイプ」。

「顔タイプ診断」とは似合う服のテイストを顔のタイプから分析する理論です。

顔タイプ診断とは?

顔の輪郭やパーツの特徴やバランスなどから顔タイプを分析することで、似合うファッションのテイストや髪型などを導き出します。

日本顔タイプ診断協会HPより引用〜

詳しく知りたい方は、顔タイプの産みの親、岡田実子さんの書かれた本が分かりやすかったです。

この顔タイプ=顔のイメージによって
似合いやすい色が変わります。

  • 顔タイプ曲線→暖色系
  • 顔タイプ直線→寒色系
  • 顔タイプ子供顔→明るい色
  • 顔タイプ大人顔→暗い色

≫参考:似合う色はパーソナルカラーだけじゃない♡│Stilysta

なので、例えば上記に挙げた例であれば

  • ブルベ冬だけど、モノトーンが似合わない!→顔タイプソフトエレガントだった
  • イエベ春だけど、オレンジ系よりモノトーンやくすみ色の方がしっくりくる!→顔タイプアクティブキュートだった

このように、顔タイプの要素から似合わないと言われた色が似合ったり


似合うと言われた色がしっくりこないことがあります。

なので今回は

  • パーソナルカラー=「絶対に似合う色」というわけではないのではなく、顔タイプにも影響される
  • 顔タイプによっては、似合わないと言われる色も似合うことがある

という私の体験を元に紹介していきます。

顔タイプ診断は、ココナラを使えばオンライン上でも診断できます!

目次

ブルベ大勝利 暖色系ヘアカラーで大爆死した顔タイプクールの例

「ブルベ大勝利ヘアカラー」といわれる暖色系ヘアカラーにしてみたことがあります。

引用:【セルフカラー】イルミナカラーを自宅で綺麗に染める方法&レシピ│ミニマム美容貯金

イルミナカラー「トワイライト」がメインの赤紫系の髪色です。

とても素敵な色だけど

私の顔には死ぬほど似合わなかった。

3週間くらいで赤みのない色に染めなおしてしまいました。

髪色までここまでしっくりこなかったのは初めてかもしれません。笑

ブルベ大勝利って書いてあるのになぜ

なぜなら、私の顔タイプはクール。

芸能人でいうと、黒木メイサさん、菜々緒さん、天海祐希さん、水川あさみさんなど。

「かわいい」よりも「かっこいい」が似合うタイプです。

パーソナルカラーはそれぞれですが、
暖色より、寒色系・モノトーンのほうが似合いそうな感じがしますよね。

例えば、黒木メイサさんのパーソナルカラーはブルベ冬ですが

  • 白よりも黒
  • 赤系よりも青系

など、暖かさやかわいさを感じる色味よりも

冷たさやかっこよさを感じる色が似合うイメージ。

私が赤・ピンク系のヘアカラーがしっくりこなかったのもまさしく、その原理。

なので、「ブルベ夏大勝利」カラーだとしても、ピンク系や赤み系の色がしっくりこなかったわけですね。

顔タイプ診断を受けるまでは なんでこんなに似合わないのか不思議でした

逆に、顔タイプのおかげで似合う色もある

顔タイプクールの私の場合であれば、

洋服(トップス)は、パーソナルカラーにドンピシャではないけど

  • モスグリーン

は割と似合いやすい。

髪色でも、ブルベカラーではないけど

  • ベージュ系
  • マット(緑)系

など寒色でスッキリした色なら似合いやすいし

眉マスカラも黄色みが強い
明るいベージュ系を使ってるし↓


スッキリした顔の造り的にはしっくりくるんですよね。

あと、洋服(トップス)に関しては
黒はしっくりくるのに
白はあんまりしっくりこない。

爽やかな全身白コーデとか、白ニットとか、私が着るとめちゃくちゃモサくなる。(つらい)

黒トップスの方がしっくりくるので
白トップスは夏服1枚だけ残して、手放してしまいました…

これくらい、色は顔タイプに引っ張られがち。

特に「ガッツリ大人顔」「ガッツリ子供顔」など偏りの強い方は、その傾向が出やすいです。

まとめ 顔タイプによってはパーソナルカラー=似合う色、というわけではないときもある

まとめ

パーソナルカラーで似合うと言われた色が似合わないなら、顔タイプを確かめてみよう!

パーソナルカラー診断自体は、とてもおすすめ。

「似合わないもの」「顔周りに持ってこない色」が分かるだけでも、かなり失敗が減る。

でも、診断後にたくさん試着したり試行錯誤して思ったのは

パーソナルカラーはあくまで「その人の顔色がよく見える色」であり、「絶対似合う色」というわけではない、ということ。

パーソナルカラー診断はドレープを当てるけど、

実際の洋服は素材によっても「似合う・似合わない」が変わってきたりもしますしね。

また、これから診断を受けられる方は
パーソナルカラー×顔タイプ診断を
同時に受けられるサロンにすると

迷子になるのが防げるかもしれません。

顔タイプ診断受けてみたいなぁ。でも高いところが多い&近くに良いサロンがない…

と言う場合はココナラ で調べてみると、オンライン上で顔タイプ診断を受けるサービスがたくさん出てきます。

もちろん、直接見てもらうのが一番間違いはないですが…!

ただ顔タイプ診断の場合、実際に見てもらう場合でも、顔の写真を撮ってパーツの距離を計測してもらうので、パーソナルカラーに比べると、オンラインでも信憑性が高いです。

診断のお金はかかるけど、1回調べると洋服・ヘアカラーでの失敗が減るので、

垢抜けたい・服の数を絞りたい方にこそおすすめです。

≫ココナラに無料会員登録してサービス内容を見る

他、イメコンに関する記事はこちら

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる