【ミニマリスト志向】長財布→ミニ財布へ!HIRAMEKI プチウォレットと財布の中身

みなさんこんにちは、ゆきです。

以前私は「長財布には、いかにメリットがあるか」という記事を書きました。

こちらの記事の通り、どんなにモノを減らしても、

財布だけは頑なに10年近く長財布を使い続けてきました。

が、最近ミニ財布に変えてみました。

「一個前の記事はなんだったんだ!?」

と思われるかもしれませんが、理由がいくつかありまして。

  • クレジットカードと電子マネー中心で、現金を使う機会が少ないから
  • 節約を意識しだして自販機を使わなくなったので、小銭が必要なタイミングがない(自販機使うにしても電子マネー使用)
  • ポイントカードはアプリに、免許証などは定期入れに入れており、長財布に入れているカードが4枚ほどしかないから
  • 財布に入れていた商品券を、鞄ポーチの中に入れるようになったから

あれ、長財布の中スカスカ…?
長財布使う意味あるのか?

と薄々気づきつつそのまま使い続けていましたが、

最近街で見つけたミニ財布に一目惚れ。

3日ほど悩んで、ついに購入しました。

まだ使用して10日ほどですが、

ミニ財布に変えた感想やメリット、中身の紹介をします。

目次

購入したミニ財布はHIRAMEKI モリスシリーズ プチウォレット レッド

made in Japan 日本製。
デザインに一目惚れしました。

色は全7色。(2021年7月現在)

  • キャメル
  • チョコ
  • ネイビー
  • レッド
  • ターコイズ
  • アンティークゴールド
  • グリーン

その中でもビビッときたのがレッド。

長財布だったら迷わず「ターコイズ」なんですが、

ミニ財布の中はレッドが一番可愛い。


純粋な赤というよりも、赤茶っぽい感じです。

財布全体に花柄が刻印されており、

触ると凹凸があります。

近代デザインの創始者、「ウィリアム・モリス」の英国伝統デザインだそう。

パッと見シンプルなのに、

実はすごく可愛いのがツボ。

また私は財布に関しては

「スナップボタン式か がま口」が好きなんですが

チャックはきちんと最後まで閉めないと端から小銭が出てくるし、毎回開け閉めが面倒)

こちらは小銭を入れるところも

お札やカードを入れるところもスナップボタン式です。

牛革なのでまだ少し固いですが、これから馴染んでくるのも楽しみ。

HIRAMEKI プチウォレットの収納力と中身

カード入れは6枚分あります。

しかし、実際6枚入れるとパンパンになり

ボタンが閉めづらくなります。

紙でできた薄いポイントカードなら良いですが、

クレジットカードや銀行カードなど

しっかりしたカードばかり入れるのであれば、

4枚ほどに留めておいた方が良いです。

私は

  • 銀行カード×2
  • クレジットカード×1
  • Tポイントカード×1

の計4枚を入れています。

免許証と健康保険証も持ち歩いていますが、

それは定期ケースに入れているので、

財布にはこちらの4枚だけ。

美容院や病院に行くときは、その都度必要なカードを持っていっています。
これは長財布時代から変わらぬ習慣です。

お札はその都度変わりますが、千円札数枚と1万円。

現金が必要なお店もあるし、

外出時に災害に遭う可能性もあるし、

券売機の機械によっては

「クレジット不可」「一万円札不可」の場合があるので、

千円札も持ち歩くようにしています。

そして小銭は少数。

一度試しに小銭大量に入れてみたのですが、

たくさん入れるとボタンが閉まらなくなります。

なので多く持ち歩きはできません。

今のところ困ったことはないですが、今後小銭が多く出てきてしまった場合は、

カバンやポッケに入れて持って変える

  ↓

帰って瓶に入れる

という風にしようかと思っています。

HIRAMEKI プチウォレットには穴がある。紛失対策もできる

ミニ財布に変えることを躊躇っていた一番の理由は

「紛失しそう」だから。

私は2つ折りの財布を何度か外で落としたことがありまして…。

それに対し、長財布などの大きな財布のメリットは

「紛失しにくいこと」。

存在感があるから鞄の中でも行方不明にならないし、

外で落としてもさすがに気づくことができます。

「どうしようか…」と思っていたのですが、
HIRAMEKIのミニ財布、

なんと穴が開いてるんですよね。

私はその穴にリール付ストラップを通して、

鞄と外れないようにしています。

色は似たような赤茶を購入。

いざ財布が必要なときでも、

紐を引っ張ればすぐに財布を取り出すことができるので、

鞄の中で行方不明になることなし。
(定期入れも同じようにしています)

ポケットに入れて出かけたいときも、

ズボンのベルトの穴にリールを引っ掛ければ落とすこともなし。

穴がある財布って多くないので、購入の決め手にもなりました。

HIRAMEKI プチウォレット(ミニ財布)にした感想とメリット

  • 鞄の中がスッキリした
  • 荷物が軽くなった

もうこれしかないですよね。
長財布は鞄を選びますからね。

よく現金を使う方、お札の折り目が気になる方は

長財布の方が良いかもしれませんが

  • 電子マネー中心
  • 現金使う機会が少ない

のであれば、ミニ財布の方が利点が大きいかもしれません。

HIRAMEKI プチウォレット まとめ

  • ミニマリスト志向おすすめのミニ財布は「HIRAMEKI モリスシリーズ ミニウォレット」
  • 本革で牛製。スナップボタン式。
  • リールを通す穴が開いているので、紛失対策できる。
  • 収納力はカード4枚〜6枚ほど。
  • 小銭・お札は大量には入らないので、電子マネーやクレジットカード中心の方におすすめ。

こちらのミニ財布を買ってからというものの、

街で他の財布を見ても

「うちの子が一番かわいい…」と思うほどお気に入り。笑

色もたくさんあるので、ミニ財布を探している方は

ぜひチェックしてみてください。

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる