音楽サブスク、迷ったら「YouTube Premium」が超お得だった【YouTube MusicとSpotifyの比較あり】

  • URLをコピーしました!

こんにちは。

通勤中も休みの日も1日中音楽を聴いている ゆきです。

音楽サブスクに加入するまでの私は、ずっと

TSUTAYAでCDを借りる→ウォークマンに入れる

という地道な作業を行っていました…

しかし、音楽サブスクは
月約1000円で世界中の音楽が聴き放題。

これ、本っっ当にすごいことなんですよね。

じゃあどこの音楽サブスク が一番おすすめなの?

ちょっとググると

「Spotifyは7000万曲入ってて…」
「Amazon Music は9000万曲入ってて…」

とかたくさんでてくるけど

一番大切なのは、自分のよく聴く音楽やアーティストが入っているかどうか。

ちなみに私は、よく聴くヨーロッパのバンドが唯一Spotifyに入っていたので、Spotifyを使っていました◎

しかし、1つだけ言えるのは

「値段に対して一番お得感あるのは、YouTube Premiumがぶっちぎり」

だということ!

(※YouTube Music単体(月980円)ではなく、YouTube Premium(月1180円)の方)

今、音楽サブスクを探していて

「今後の人生、一生YouTube 見ません!」

というわけではないのであれば、音楽サブスクとしてYouTube Premiumはおすすめです。

≫現在、YouTube Premium3ヶ月無料キャンペーンをやっています

目次

YouTube Premiumの基本情報

値段
  • 通常プラン→月額¥1180 (※iOS版→¥1550)
  • ファミリープラン→月額¥1780 (5人まで)
  • 学生プラン→月額¥680
特典
  • 広告なしでYouTubeが見ることができる
  • バックグラウンド再生できる
  • 動画をダウンロードしておき、オフラインで見ることができる
  • YouTube Musicも使える


※iOS版とは→iPhoneのYouTubeアプリから登録すると、手数料が上乗せされて月1550円かかってしまうため、必ずパソコンやブラウザ版から登録しましょう。

【誤解】動画の広告なし&バックグラウンド再生+保存だけで1180円は高すぎると思っていた

今までYouTube Premiumの存在を知りながら、加入しようと思わなかった理由。

それは、

「広告なし+バックグラウンド再生+動画保存だけで1180円は高すぎる!!」

と思っていたため。

私の場合、音楽はめちゃくちゃ聴くけど
YouTubeって毎日みるわけじゃないんですよね。

だからこそ、「広告をわざわざ月1000円以上払ってまで消したい!」とまでは全く思いませんでした。

思いのほか、おまけのYouTube Musicが良かった【Spotifyと比較】

ただ今回は

「無料期間が3ヶ月ある」

ということで、

  • YouTube Musicがおまけでついてくるなら、Spotify代わりになるかも?
  • 入っていない曲はYouTube バックグラウンド再生したら良いし、ちょっと使ってみよう~

と、試してみました。

すると、YouTube Musicが思いのほか よかった。

YouTube Musicを使って分かったメリット
  • UIがSpotifyに似ていて使いやすい
  • 音質も極端に悪くない
  • 曲数が多い
  • アルバムから選択すると、一般人の歌が入ら公式音源だけ聴ける
  • ミュージックビデオ⇔曲を切り替えてすぐ見れるのが良い


おまけどころかYouTube Premiumのメイン機能では???

と感じました。

Spotifyと照らし合わせながら1つずつ紹介します。

YouTube Musicのメリット

UIがSpotifyに似ていて使いやすい

「YouTube Musicは所詮おまけなので、選曲する画面などが使いにくい」

とみたことがあって。

あまり期待していなかったのですが
思いの外、Spotifyに似ていました。

左:Spotify ⇔ 右:YouTube Music

どちらも一番上は人気曲。

そのあとに、アルバム~と続きますが、

Spotifyの方が縦列に並んでディスコグラフィ一覧として見られるのに対して、

YouTube MUSICは横にドンと大きく表示。

左:Spotify ⇔ 右:YouTube Music

横にスライド、もしくは「もっと見る」をタップしてアルバムを選択します。

↑画面からもわかる通り、直感的に使いやすいのはSpotifyの方かなと感じますね。

左:Spotify ⇔ 右:YouTube Music(検索画面)

YouTube MUSICはアーティストの、ページより、検索画面からの方が使いやすい。

音質も極端に悪くない

よくYouTube Musicのデメリットに
「音質が悪い」と書かれていますが

イヤホンで聴く+スマホで流すくらいであれば、そこまで差は気になりませんでした。

すっごく音質にこだわりあるわけじゃないならYouTube Musicでも充分かと感じます。

曲数が多い

YouTube Musicの曲数は非公開となっていますが

公式音源だけでなく、一般人の「歌ってみた」なども含まれるため、かなり数は多いと言われています。

曲数が多いっていっても、一般人の「歌ってみた」とかが入ってるから多くなってるだけでしょう?

と思っていましたが…

いくつか、Spotifyに入ってないサウンドトラックがYouTube musicに入っていたので、「物理的に曲数多いのかも?」という印象を受けました。

あとは、

SpotifyにもYouTube Musicにも入っていない曲の場合。

左:Spotify ⇔ 右:YouTube Music

高橋優さんの、友へ、こどものうた、駱駝が聴けなかった…

しかし、YouTube MUSICからであれば、公式のミュージックビデオがあるから
そこから聴けちゃうんですよね。

上タブの曲⇔動画を切り替えたら、音楽として聴けたし

ちゃんと歌詞も出てくる。

今話題のFIRST TAKEとかも音楽として聴けちゃいますしね。

これは物理的に曲数増えるし、お目当ての曲大体あるじゃん!!

と感じました。

ミュージックビデオ⇔曲を切り替えてすぐ見ることができるのが良い

YouTube Musicは、ミュージックビデオがある曲であれば

ワンクリックで曲⇔動画で切り替えできる。

歌聴いてて、ミュージックビデオをみたくなるときってあるんですよね。

しかも、地味に便利なのが切り替えたときに

曲が最初からにはならず、ちゃんと切り替えた時間から曲が聞ける(PVが見られる)ところ。

これめちゃくちゃ良い!便利!!

と感じました。

YouTubeの強み!!!

アルバムから選択すると、一般人の歌が入らず聴ける

使ってみるまで

アーティストの公式音源聴いてるときに、一般人の歌ってみたとか動画音源入ってくるの嫌だな…

と思ってたんですよね…

シャッフルを使ったり、1曲だけアルバム以外の場所からチョイスすると、そういうものが入ってくる可能性もあります。

しかし、普通にアルバムから曲を選ぶと、
アルバムの曲のみが流れるので、他の曲が混じることがありません。

YouTube Musicのデメリット

レコメンド機能やプレイリストの豊富さはSpotifyの方が良い

唯一、「デメリットだな~」と感じたこと。

それはレコメンド機能の精度やプレイリストの豊富さ。

Spotifyの方がプレイリストの数も多いし、おすすめのプレイリストも「自分の好みドンピシャ」を突いてくることが多いですね…

YouTube Musicはそのへんの選曲があまりかなぁと。

なんでこれが??て曲が入ってくることある

なので、レコメンド機能やプレイリストをよく使う・精度を重視するから方からすると、YouTube Musicは物足りなさを感じるかもしれません。

【まとめ】音楽サブスクに迷ったらYouTube Premiumはコスパ良い

  • Spotifyなどの他音楽サブスクは月980円で音楽のみ
  • YouTube Premiumが月1180円で音楽サブスク+動画サブスクの役割(広告なし・動画バックグラウンド再生・オフライン保存)を果たす

音楽サブスクが絶対必要だけど

  • 音質が少しでも良い方がよい!
  • プレイリストやレコメンド機能を重視する

という場合でなければ、

YouTube Premiumは音楽サブスク+¥200足せば動画サブスクもついてくる!

と思うと、YouTube Premiumはかなりお得です。

YouTube premiumが良すぎて、今となると音楽オンリーで980円はちょっと高く感じてしまう。

2022年9月30日までであれば、3ヶ月無料期間をやっているので

ぜひ試してみてください!

YouTube Premium(3ヶ月無料)を試す

SHARE!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次