外ハネボブヘアを作るのに最適なのはコテorストレートアイロンどっち?何ミリを使う?

こんにちは、肩上外ハネボブ歴 約1年のゆきです。

↑こういうの。かわいい。

面長・顎長をカバーしつつ、おしゃれっぽい雰囲気に仕上げてくれる、最高の髪型です。

しかし、慣れるまではちょっとセットが難しい。

私は今まで家に32mmや26mmのカールアイロン(コテ)しかなく、それで頑張っていたのですが…

  • ハネすぎて寝癖に見えてしまう
  • 少し伸びると外ハネがモサくなる

このような悩みが解消できず。

なので、思い切って

サロニア(SALONIA)ストレートアイロン 24mmを買いました!

値段は3278円(税込)。

安いので

「髪パサパサに傷まない?」

と不安でしたが、全くそんなことはなく。
外ハネもめちゃくちゃやりやすいです。

なので結論

外ハネヘアに使うアイロンは、24mmのストレートアイロンが最適!

この記事では

  • 外ハネボブヘアに、コテよりも24mmストレートヘアアイロンが最適な理由
  • 中でもSALONIA(サロニア)のストレートアイロン(ブラック)をおすすめする理由

について紹介します。

目次

外ハネボブヘアに、コテよりも24mmストレートアイロンが最適な理由

①手首で調整できるので、ハネすぎず程よい外ハネが作れる

私が以前切ってもらった美容師さん曰く、

  • 大人っぽい、クールな外ハネ→ストレートアイロン
  • かわいい系、元気な外ハネ→カールアイロン(コテ)

でやるのがベストだそう。

以前は32mm・26mmのカールアイロン(コテ)で外ハネを作っていたのですが

切りたては美容師さんの腕のおかげで

コテを使っても、ハネすぎても、ワックス揉み込んじゃえば全然かわいいんですよね。

もしカールアイロン(コテ)を使うなら、カール部分が小さい26mmのコテの方がやりやすいです。

私はクレイツのアイロンを使っています

しかし、問題は髪が伸びて形が崩れてから。

途端に、カールを強くしすぎると「ただの寝癖感」が出てきてしまいます。

かわいい・元気感とも程遠い…。

でも、ストレートアイロンであれば、手首のスナップをうまく効かせると、ハネさせすぎず程よい外ハネを作ることができます。

おすすめはこちらの動画。↓

あまりグリッとカールさせすぎない方が、寝癖感は防げます。

また、やや髪重め・伸びてきたら
毛先だけ巻かず、S字すると良い感じになります。

↓この動画の前半が分かりやすい。

このS字も、カールアイロンだと大げさになりやすかったり、挟んだ癖がつきやすいんですよね。

でもストレートアイロンだと、かなり良い感じにできます。

②ストレートアイロンだと失敗したときにやり直せる

髪に、カクッと跡がいってしまったとき。

そんなときでも、大丈夫。

ストレートアイロンなら、とりあえず一旦真っ直ぐに戻すことができます。

これがカールアイロン(コテ)だと、はねさせすぎたり失敗したとき、元に戻すのが大変なんですよね。

濡らしてドライヤーするのも、時間がかかるし手間。

カールアイロン(コテ)じゃ外巻きにしたものを内巻きにしてもなかなかにきれいに元には戻らないし…

そういった意味でも、ストレートアイロンは失敗に強いです。

③全体にアイロンすると、髪の毛表面にも艶が出る

外ハネするときに、

根元→毛先にかけてアイロンすると、キューティクルがそろいツヤツヤになります。

普通のカールアイロン(コテ)でも、裏返しに使えば、できなくはないですが

やはりストレートアイロンの艶々さには勝てませんね…。

外ハネがやりやすいだけでなく、
髪全体が綺麗に見えるのでとても良いです。

外ハネボブセットにおすすめのストレートアイロンは、SALONIA(サロニア)24mm!

値段ピンキリで色んなストレートアイロンは売られていますが

3278円のSALONIA(サロニア)で十分。

以下、サロニアのストレートアイロンをおすすめする理由を紹介します。

①安くてコスパが良いのに髪が傷みづらい

人生初めてのストレートアイロン(約10年前)は、ドラッグストアに売ってるお安いアイロンで。

これが大大大失敗。

引っかかるわ、髪の毛真っ直ぐにならないわ、パサパサに傷むわ…。

それから安いアイロン買うのが怖くなって、最低でも一万円以上のヘアアイロンを買うようにしていたのですが

サロニアは全然大丈夫でした。
むしろツヤッツヤ。

安くてこんな良いものが買えるようになった時代に感謝。

色によってプレートの素材が違います。

ブラック

チタニウムコーティング
滑らかで耐久性の良い仕様

ブラック以外

セラミックコーティング
引っかかりにくい滑らかな仕様

私が持っているのはブラック。

セラミックコーティングにくらべて

  • 一回でサラサラストレートになる
  • 一回のアイロンで癖がつきやすい
  • 摩擦・静電気が起きにくい

メリット多し。

おすすめは断然
チタニウムコーティングのブラックです。

②温まるまで30秒と速い

ダイヤルを回すことで、ON・希望の温度を温度を設定。

赤の点滅→緑のランプに変わったら使用OK。

使ってる最中に、手が当たって温度が変わりにくいのが地味に嬉しい。

そして驚くのはあたたまるまでのスピード。

家にあるサロニア・クレイツで160度になるまでの時間を測ってみました。

160度になるまでの時間

・クレイツカールアイロン→1分25秒

・SALONIA(サロニア)ストレートアイロン→27秒

サロニア、めちゃくちゃ早い。

忙しい朝にもピッタリです。

③軽くて、きしむ音がしない

ストレートアイロンを購入するとき、家電量販店で色んな物の実物を見てみたんですよね。

そのとき、サロニアのストレートアイロンは他の物よりも軽くて。

実際、345gという軽さ。

購入の決め手にもなりました。

腕も疲れにくいし、小回りも効きやすいです。

また、実際にコテの部分を開閉してみると、結構きしむ音がするヘアアイロンもある中、
サロニアは音もせず、スムーズに動く。

毎日使うものなので、ストレスがないアイロンが良いですね。

➃海外OK・耐熱袋付きで旅行や持ち歩きにピッタリ

以前、海外対応じゃないヘアアイロンをヨーロッパに持っていき、

海外でも変圧器使えばいけるっしょ!

と使ったことがあるのですが…

変圧器を使っていても、スイッチが途中で切れてしまうんですよね。

※危険なのでマネしないでください

しかし、サロニアのストレートアイロンは変圧器さえあれば海外でも普通に使えます。

海外対応OKになると値段が上がることが多いですが、この値段で海外で使えるのは嬉しい。

しかも、耐熱袋付き。

中身はこんな感じ。

旅行先で朝ヘアアイロンして、荷物をまとめないといけないとき、熱が取れるまで時間を要していたのですが

耐熱袋があればすぐ荷物もまとめられて、安心。

自宅でも耐熱袋に入れて収納しています。

まとめ

  • 外ハネボブのセットは、24mmストレートアイロンが最適!
  • カールアイロン(コテ)よりも微調整して控えめな外ハネを作ることができ、寝癖っぽくなりにくく、表面も艶々に
  • ストレートアイロンはSALONIA(サロニア)ブラックがおすすめ
  • 安くてコスパが良いのに髪が傷みづらく、温まるのも速い
  • 耐熱袋付きで海外旅行もOK

ちなみにですが、ストレートアイロン✕カールアイロンの2way製品はおすすめしません。

以前、ヴィダルサスーンのものを使っていたことがあるのですが…

真っ直ぐにするだけならまだしも、前髪セットや外ハネにはやっぱり使いにくい。

小回りがききにくいのでカクッと跡がいきやすいし、

熱い部分が全てむき出しになっているため、火傷しやすいです。

何回か首を焼きました。

収納場所は かさばりますが、

カール・ストレート、別々で購入した方が断然セットしやすく、安全です。

SALONIA(サロニア)絶賛しすぎて回し者みたいですが…

今のところ、デメリットが思いつきません

外ハネ以外にも、前髪セットや、クルッとなりすぎない内巻きなど、なんでもできる。

とても、重宝しています。

ストレートアイロンを使って、外ハネボブライフを楽しみましょう。

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる