【節約】マイボトル持っていく&洗うのが面倒!解決するために行った4つのこと

こんにちは、ゆきです。

節約関連の本やブログ記事を読むと

  • ラテマネーはもったいない
  • 節約したいなら水筒必須
  • 自動販売機で飲み物を買うのはやめましょう

みたいなことが書いてありますよね。

しかし。

そんなことは分かってるんだよ。

でも持っていくのも洗うのもマジで面倒くさい。重いし。
これならペットボトル買うわ…

毎日忙しいと、そうなっちゃいますよね。

私も就職を機に
マイボトル生活を始めてみたものの

毎日洗ったりお茶入れたりするのが面倒くさすぎて

ペットボトル生活に舞い戻ってしまいました。

しかし、やっぱり1日100円だとしても、
毎日ペットボトルの水を買うと1ヶ月約3000円。

年間36000円。

バカになりません。

どうにかマイボトル生活を習慣化できないか…?

色々試した結果、なんとか今ではマイボトル生活を日常化することができました。

なので今回は

  • マイボトル洗うの面倒くさい
  • 持ってくのも重くて面倒くさい
  • でも節約したいしマイボトル習慣化させたい

という方に向けて、解決するためにできる4つの事を紹介します。

目次

マイボトル持っていく&洗うのが面倒くさい!を解消するためにやった4つのこと

  • 水筒を軽いプラスチック製品&パッキンのない作りが単純なものにした
  • 水筒を2本用意した
  • 入れる飲み物を水にした
  • 水筒を洗う用に哺乳瓶荒い用スポンジを買った

1つずつ解説します。

水筒を軽いプラスチック製品&パッキンのない作りが単純なものにした

以前は、巷でよく売っているステンレス製の水筒を使っていました。

確かにステンレス製は冬は温かいまま&夏は冷たいまま保温できて良いです。

しかし、重い

そして、パッキンに汚れが溜まっていくんですよね。

あと使ってるうちに、お茶のなんともいえない匂いが取れなくなってくる。。

たまには煮沸消毒したら良いんでしょうが
毎日使うものなのにそれすらも面倒くさい。


細かい部品も多い。

なので、作りが超単純なプラスチック水筒に変えました。

nalgene(ナルゲン) 広口0.5L フラットキャンプ クリア×ブラック

これ、超おすすめ。

100均にも似たようなプラスチック水筒は売ってますが、耐久性がなく、

数ヶ月で割れてカバンの中が大惨事になりました。

それに比べて、nalgeneはアウトドア用品を扱う会社。

また、もともとは研究用装備品の開発を行っていたナルジェ社が

試薬を入れるために作ったのがナルゲンボトルの始まり。

なのでとっっても頑丈&漏れません。

3〜4年使ってますが、落としても割れることなく、

パッキンがないのに飲み物が漏れてくることもないです。

重さも水筒一本85gで、水を満タンに入れても、重さ585g。

カバンの中にいれていても、ペットボトルと同じくらいの重さしか感じません。

それなのに、耐熱温度100度/耐冷温度-20度までいけるという優れもの。

お茶や水を入れた、凍らせることもできます。

それでいて口径も広い。

細かい部品なし&透明なので洗うのが楽すぎる。


汚れも溜まりにくいです。

デメリットを一つだけ上げるなら
保温性・保冷性がないこと。

プラスチックなので仕方ありません。

私は常温の飲み物を飲みたいので、
むしろ保温性・保冷性はなくても良いのですが

「保温性は最重視したい!」

という場合は、ステンレスでも
なるべく軽く複雑でない作りの水筒を選ぶのがベストです。

例えばこちら。

重量は220g。

ステンレス製にしては軽い。スマホと変わらぬ重さですね。

また口が広く、作りが単純。

そして見た目もオシャレ。

5be0ead5626c843ce4000011

引用:RIVERS-STOREより

引用:RIVERS-STOREより

それでいてボトルの内側に電解研磨の特殊加工がしてあり、中に匂いがつきづらいのが特徴。

お茶やコーヒーなどを入れて持ち歩くのにも良いですね。

水筒を2本用意した

マイボトル生活を始めようとしたのは良いものの、朝 飲み物を入れようとして

「あれ、まだカバンの中だ。
昨日洗うの忘れてた!」

なんてこと、よくあるんですよね。

そのまま、ズルズルペットボトル生活に戻ってしまったり…

それを防ぐために、水筒を2本用意しました。

1本はnalgeneで、もう一本は貰い物。(おそらく非売品)

「すぐ割れるかな…」と思ったけど、
数年経っても使えています。

もし割れたら、
nalgeneのブラックホワイト

蓋の色を変えて、2本用意しようと考えています。

これで

「昨日、水筒洗うの忘れてた!」

という場合でも、もう一本あるので

挫折せずにマイボトル生活を続けることができました。

入れる飲み物を水にした

以前はお茶を入れていたのですが

一度に500ml入れるのでお茶がすぐなくなるので、作るのが大変。

しかも毎日使っていると、水筒に洗ってもなかなか取れない茶渋&匂いが…。

ということで、水にしました。

水道水をブリタの浄水ポットに入れるだけ。

まろやかで美味しいのにめちゃくちゃ楽&作り忘れの心配がありません。

そして、水筒を洗うのが楽。

匂いや茶渋の心配もありません。

水筒用に哺乳瓶洗い用スポンジを買った

普通に水筒の入り口からスポンジを入れても、スポンジが底のまで入らないのが気になる。

箸を使えば奥までスポンジは入るのですが
毎日やるのは面倒くさい。

ササッと洗いたい。

ということで、哺乳瓶洗い用のスポンジを買いました。

アカチャンホンポに売っていました。

長い柄にスポンジがついているという優れもの!

哺乳瓶用としてだけではもったいない。
水筒洗いにもすごく便利です。

こんな感じで、奥まで楽々洗えます。

これを買って、水筒洗いがだいぶ楽になりました。

↓全く同じものが見つからなかったのですが

こういうタイプならおそらくどれも使いやすいです。

ピジョンのものはスポンジもなかなかへたりません。

帰ったらそのまま流し台に水筒を置き、
夜ご飯を食べたお皿と一緒に洗うようにしています。

まとめ

  • 水筒を軽いプラスチック製品&パッキンのない作りが単純なものにした
  • 水筒を2本用意した
  • 入れる飲み物を水にした
  • 水筒用に哺乳瓶洗い用スポンジを買った

最初にも書いたとおり、マイボトルを使うだけで年間36000円の節約に。

36000円あったら、プチ旅行に行けますよね。

しかも、毎日使い捨てのペットボトルを使うより、環境にも優しいです。 

「毎日は無理!」

という場合でも、週2〜3回使うだけでも違うので、無理なく少しずつ始めてみてくださいね。

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる