白い合皮素材ソファ・椅子・カバンにヘアカラー剤がついてしまった!家にある物で簡単に落とす方法

こんにちは、ゆきです。

先日、家でセルフヘアカラーをしていました。

全て終わり、毛染め液を入れたブラシやトレイを洗って ふぅ、と白い椅子に座り一服。

立ち上がってふと椅子を見ると

毛染め液の汚れが思いっきり白い椅子に…!

ズボンを見ても毛染め液はついておらず、なぜ椅子に毛染め液が付いたのかは分かりません。

  • 水で拭く
  • 酢を馴染ませて拭く
  • 石鹸をつけて拭く
  • ウタマロをつけてで拭く
  • クレンジングウォーターで拭く

色々試しましたが、少し薄くなる程度で落ち切らず。

白だし目立つ……めちゃくちゃショック

どうしよう?!とググったところ

漂白剤が効果あるかもしれない。

ということで、キッチンハイターを使ってみました!

これを使ったところ、あっけなく綺麗に落ちました。

今回は
「ヘアカラー剤が白い合皮素材についたときにキッチンハイターで綺麗に落とす手順」を紹介します。

目次

キッチンハイターで白い合皮素材の毛染め液を落とす方法

①ヘアカラー剤を水のついたティッシュ・タオルなどで拭く

②毛染めの汚れ部分にキッチンハイターを吹き付ける

私は平らな部分だったので直接吹き付けましたが、側面などについてしまった場合キッチンペーパーなどにつけて置くと良いです。

※必ず手袋をして、窓を開ける・換気扇を回すなど、換気には充分気をつけましょう。

またキッチンハイターを吹き付ける前に、他の石鹸類を使っていた場合は、その洗剤をしっかりふきとってから、ハイターをつけましょう。

他の洗剤と混ざると危険です!

③5〜10分置く

➃水のついたティッシュやタオルなどで拭く

必ず手袋をして、吹き上げます。
ハイターが残らないように気をつけましょう。

これで完成です!

「薄くなったけどまだ毛染めの色が残っている‥」

と言うときは、再度③〜④をやってみましょう。

私は2回やりました。

これ、ヘアカラー剤ベッタリついていたのを落としたあとなのですが、全然分からないですよね。

After

Before写真を撮り損ねたのが悔やまれます。。

キッチンハイターは漂白剤なので、白いもの以外の使用は控えよう

茶色の床にも
「これ、いつぞやのヘアカラー剤かな?」
と思われるシミがうっすらついていたので、キッチンハイターをつけてみました。

つけること5分。

うわ。

シミは取れたけど、脱色してる…

明らかに白っぽい。

柄付きのフローリングなので多少白くなっても気にならないですが、基本的には白いもの以外への使用は控えた方が良いですね。

また、白い合皮素材に使用する際も、
物によっては変色してしまう可能性もあるので、一度目立たないところで試してから使用しましょう。

キッチンハイターや漂白剤はちょっと…という方には専用クリーナーも売ってます

合皮・壁紙のヘアカラー剤汚れを落とす専用クリーナーとして「付いちゃったヘアカラーの汚れを落とすクリーナー」というものも販売されています。

成分
  • 界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアミン)
  • 還元剤

「塩素系を使うのはちょっと…」
と言う方は、こちらの専用クリーナーを試してみると良いかもしれませんね。

白い合皮素材についたヘアカラー剤の落とし方 まとめ

  • 白い合皮素材(椅子・ソファ・カバンなど)にヘアカラー剤がついてしまったときは、ハイターなどの漂白剤を使用しよう
  • 手袋をつけ、換気には充分気をつけよう合皮・壁紙用 専用クリーナーもあります

家の中でヘアカラー剤をつけてしまうと焦りますが、きちんと落ちることを願っています!

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる