【奥二重・一重必見】アイライン・マスカラが滲んでパンダ目になるのを防ぐ方法。パウダーが決め手

こんにちは、ゆきです。

どれだけ「パンダ目にならない!」て書かれているアイライナーやマスカラでも、絶対滲んで目の下真っ黒になっちゃう。アイメイクは諦めるしかないのか…

そういう悩みを持つ方に向けて。

私も奥二重のため、同じ悩みを抱えていました。

どんなにパンダにならないことで話題のアイライナー・マスカラを使っても、10000%滲んでパンダ目になります。

アイメイクシャドウベースも効果なし。

何もしない方が断然綺麗。

しかし、たまーにアイメイクしたくなるんですよね……

でも、やっと!
アイメイクが滲まない方法を見つけました。

それは、アイメイクの前後に
イニスフリーのパウダーを目元にはたくこと。

アイメイク前後にパウダーをはたく方法聞いたことある。それってよく言われてる方法だよね…?

しかし私の場合、他のパウダーだとうまくいかなくて。

他のパウダーだと…
  • はたいてもアイメイクが滲んでしまう
  • メイクは落ちないけど、今度は目元が粉っぽくなって、老けて汚く見えてしまう

これ!という物がなかったのですが、イニスフリーのパウダーはとても良い。

もともとは顔のテカリ防止用に買ったのに、まさかのアイメイク崩れ防止に大当たりでした。

汗を書く時期でも、アイラインが1日消えない!
なのにしっかりはたいても目元が粉っぽくならない。

なので今回は

  • どんなマスカラ・アイライナーでも絶対に滲んでパンダ目になる
  • 滲まないマスカラ・アイライナー探しに疲れた

という方に向けて、具体的なイニスフリーの使い方をご紹介します。

目次

【パンダ防止】イニスフリーパウダーとマスカラ・アイライナーの具体的な使い方

アイメイク前に、上瞼・下瞼にイニスフリーのパウダーを目元にしっかりはたく

↑2021年7月にリニューアルのため、パッケージが変わっています。

中身はこんな感じのサラサラのお粉。

パフがついていますが、私はイニスフリー+ブラシを使っています。

ブラシのほうが細かいところまで塗れるし、パフより頻繁に洗えるので。

私は洗顔後、目元は保湿→日焼け止めだけ塗っているので、その油分がなくなってサラッサラになるようしっかり塗ります。

そのあと、アイラインを引く

アイシャドウもこのタイミングで塗ると良いでしょう。

目の周りがサラサラになったら、アイラインをします。

マスカラはまだつけません。

使っているアイライナー紹介【おすすめ】

私が使っているのはフローフシ UZU リキッドアイライナー マットブラック。

テカリがなくマットなので、目尻に描きたしてもナチュラル。

大和筆が使われているからか、書きやすくて筆の先も割れにくい。


やっと「これ」ってものに出会えた!と言う感じ。

ちなみにこのアイライナー、イニスフリーのパウダーなしで使うと普通に滲んでパンダ目になりました。

なのでこの商品だけのおかげでパンダが防げた、てわけではないのです。念の為。

でも書きやすさやマット感はベストなので、これからも使い続けます。

アイラインを引き終わったらもう一度、上瞼・下瞼にパウダーを塗る

私は目尻にしかラインを書いていないのですが、少しはみ出して書いている部分にもしっかりパウダーを塗ります。

また、アイラインが滲むときは、下瞼の三角ゾーンが真っ黒になるので、ここの三角ゾーンを重点的に塗ります。

目の周りをサラッサラにします。

最後にマスカラを塗る

ここでやっとマスカラを塗ります。

パウダーを塗り終わったあとじゃないと、マスカラが真っ白になるので、このタイミングで。

普通のビューラー → マスカラ → ホットビューラー

という順番で塗っています。

私が使っているマスカラ紹介

マスカラは、キャンメイクのクイックラッシュカーラー ブラックを単品で使っています。

艶が出にくいのがデメリットですが、カールキープ力は抜群。

しかもブラシめちゃくちゃ細い。

下まつげも塗りやすい!

パウダーと合わせるとパンダにならないし安いので、困っている方は試してみる価値ありです。

口コミもめちゃくちゃ良くてアットコスメ第一位です。

それか、マスカラ前の下地に使うと良いかも。

ちなみにこれ、私の場合はパウダーなしだと普通に滲んでパンダになりました。(2回目)

キャンメイクのクイックラッシュカーラーだけは絶対パンダにならないって皆書いてるのに!

と最初は泣きました。

が、イニスフリーのパウダーがあれば大丈夫!!

このマスカラじゃなくても、お気に入りのマスカラとイニスフリーのパウダーを合わせてみてください。

アイメイクでパンダ目にならない方法 まとめ

  • 一重・奥二重のパンダ目対策には、イニスフリーのパウダーを使う
  • 最初にパウダーで目元をサラッサラにする
  • そのあとにアイライナーを使う
  • もう一度、パウダーで目元をサラサラに。アイライナーの上+下瞼の三角ゾーンこそしっかり!
  • 最後にマスカラを塗る。(最後に塗らないと、パウダーで粉だらけになるため)

この方法で、暑くなってきた今でも夜までアイラインが消えてないし、目の下が真っ黒にならなくなりました。

イニスフリーたった700円ちょっとで。神か…  

一生ついていく

アイライナーやマスカラをこだわるよりも、
前後に目元をパウダーでサラサラに!
をぜひ試してみてください。

面倒なら超ナチュラルなマツエクするという手もある

まつ毛美容液でまつ毛にハリ・コシを

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる