大学生の時にやっておいて良かったこと・別にやらなくて良かったこと【by内向型人間】

こんにちは、ゆきです。

先日「【後悔?】アラサーが考える大学生の時にやっておけば良かったこと5選」

という記事を書きました。

それとは別に

  • 大学生の内にやっておいて良かったこと3つ
  • 大学生のときやっていたけど、別にやらなくてよかったなと感じること1つ

をご紹介していきます。

ただ

この記事を読む上での大前提として
頭に置いておいていただきたいのですが

私は内向的かつ、大学1回生のときは授業以外ほぼ引きこもり、バイトやサークルは続かず、インターンも行かない(本気で働きたくなかった)意識低い大学生だったので

「これをすると就職に有利!」みたいな内容は出てきません。

どちらかというと、
仕事よりもっと広い意味で
「その後の人生に良い影響を与えてるな」と感じるものを紹介しています。

意識低めの内容なのでゆるい気持ちで読んでください。

目次

大学生のうちにやって良かったこと3つ

国内・海外旅行

これは皆言いますが
本当に良かったですね…

ただ海外旅行に関しては
お金がたくさんあるわけじゃなかったので
「いろんな場所に行く」というより、「同じ場所に何度か行って深める」タイプでした。

ヨーロッパ大好き。

度胸もつくし、

  • 日本の常識だけが全てじゃない
  • 世界は広いし色んな人がいる

と若いときに分かると本当に心が軽くなりますからね。

また、案外今になって良かったなぁと思うのは国内旅行に行きまくったことです。

大学生時代に色んな場所へ行きまくったことが功を成してか
今現在、47都道府県中 41都道府県 行ったことがあります。

全部制覇したい!!

ひとり旅、家族と、友人と、
推しのライブ遠征したついでに周りの県を巡る、などあらゆる手段で行きましたが

まだまだ日本は奥深く、
案外知らないことってたくさんあります。

美味しいものや知らない方言との出会いがたくさんあります。

あと、社会人になってから

私○○県出身で~

という話になったときに

行ったことありますよー!

と多少なりとも話を広げられるし

テレビやドラマ、雑誌を見ても、行ったことある場所が多いので日々がちょっと楽しくなります。

断捨離の習慣を身につけたこと

それまで物は「その人の歴史」だと全部取っておくタイプだった私。

過去の教科書や人からの手紙など、ダンボールに詰めて全部残していました。

しかし、「ハタチになる前に!」
と、19歳のときに部屋の8割くらいの物を断捨離しました。

そのときの話↓

その時の心のスッキリ感&暮らしやすさよ…!!

好きな物しかない部屋ってこんなに素晴らしいんだな…

 
と爽快感を感じて、それからは

正月、誕生日、長期休みなど区切りごとに物を見直して断捨離する習慣がつきました。

もともと掃除・片付けは得意ではなく、今でも疲れると床に物をおき、部屋がグチャグチャになるタイプですが…

それでもそれなりに、すぐ片付けができて
就職したときも一人暮らししたときも
スッキリ心地良い状態で暮らせて
少ない収入なりに貯金もできていたのは

この断捨離習慣を
身につけたからこそだと。

「その後の人生」という広い意味では、
この断捨離習慣が日々の暮らしに一番良い影響を与えてるのではないかな?

と感じています。
 

読書

もともと小さい頃から本が好きだった私。

なので「将来のために!」などは考えず、時間があった大学生時代は小説から自己啓発本、新書、エッセイとあらゆるタイプの本を読みましたが

この時間は本当に贅沢でしたね。

「しんどい気持ちになったときはとりあえず本屋に行って 手当たりしだいに立ち読みすると心が軽くなる」

と体感したので、社会人になって大変なときも、この習慣を生かして持ちこたえることができています。

しんどいとき、よくお坊さんが書いた本とか読んでる

あと
「何かモチベーションが下がったときはそれに関する本を複数読むと良い」とわかったことも良かった。

たとえば、ひたすら断捨離や掃除をしていたときにモチベーションを上げるために読んでいた本↓

わたしのウチには、なんにもない。[ゆるり まい]
created by Rinker

また「大学生が読むべき本○選!」
などの記事がググるとたくさんでてきますが

個人には、広い意味で人生に役立つ本って自己啓発本より「歴史関係の本」じゃないかと感じています。

だって、その厳しい時代を生き抜いた人の人生が疑似体験できるわけですよ。

しかも偉人の人生って

これ創作じゃなくて実話なのすごくない…?

とまさに「現実は小説より奇なり」な出来事がたくさん出てくる。

「こんなどん底期があっても、この人○年後に大成功してるんだよな~。私もあとにはこれを糧に笑える日がくるんだろうな」

少しだけ人生を前向きに捉えられます。

あと、①の国内旅行にも繋がってきますが
歴史に対する知識深めると、日本全国どこの県行っても結構楽しめます。

別に大学生の内にやらなくても良かったこと

サークル活動

誤解しないでいただきたいのですが

大学、サークル生活最高だったー!!

という人を否定するわけではありません。

ただ、

  • サークルそんなに楽しくないかも
  • 全然良いサークル見つからない
  • でも、大学生といえばサークルじゃん?入っとかないと!友達つくらなきゃ!!

と、ちょっとムリしてる気持ちがあるなら
そこまでしてやるようなことでもないよ!!

て意味です。

ちなみに、私はたくさんサークル見学し、実際に入ったものもありましたが、

「今大学生に戻ったらサークルに入らず、バイトしてブログ書いて趣味の時間充実させて旅行する4年間を送るなぁ~」

と思います。

というのも、良くも悪くも中学~高校で
厳しい部活生活を送ってしまったがために、

行っても行かなくても良い
ゆるいサークルの雰囲気が合わなかったんですよね。

行っても行かなくても良いなら、行かずにおうちでゆっくりするか、一人でお出かけすることを選んでしまう…

それでも飲み会に参加してみたり、サークルでできた友人と遊んだりもしましたが、

現在まで関係が続くような友人は全くできませんでした。

そもそもあまり「ゆるい繋がり」が合わなかった。

結局現在も続いている友人って、同じ学部で同じゼミとか、一緒にいる時間が長かった苦楽を共にした友人なんですよね。

友達というより、共通の目的に向かって頑張った「仲間」という感じ。

本当に、友達ほしいから、なんとなく大学生っぽいからってムリしてまで入るものでもなかったなぁ~と思います。

え、大学生なのにサークル入ってないの?!もったいない!

と言ってくる人もいますが、興味が持てなかったら、ムリする必要はないです。

まとめ

やって良かった
  • 海外・国内旅行
  • 断捨離する習慣をつけたこと
  • 読書
別にやらなくても良かった
  • サークル活動

あくまで私の場合なので
人によって感じ方は違うと思いますが

  • 大学生=サークル、飲み会
  • 就活に有利になることをしないといけない

などに囚われすぎず、群れるのが苦手ならそれでも全然構わないし

興味のあるものを、気の向くまま
色々やってみると良いですね。

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる