【メリット】ミニマリスト志向だけどずっと長財布を使っていた5つの理由と おすすめ長財布

みなさんこんにちは、ゆきです。

ミニマリスト=ミニ財布or財布を持たない

というイメージはありませんか?

 

しかし私は物を減らす過程の中でも、頑なに長財布を使い続けていました。

確かに「大きい・小さい鞄に入らない」

というデメリットはありますが、それを上回るメリットもあります。

 

というか、お気に入りの物を少数持てば良いんだから別に財布が大きくても小さくてもどっちでも良いんですよね。

今回は、私が感じている長財布を使うメリットを5個ご紹介します。

 

目次

長財布のメリット5選

鞄の中や外でなくさない

1番はこれ。

2つ折りの小さい財布を使っていたときは、いざ財布が必要なとき鞄の中で行方不明になり、レジに並ぶ時に焦っていたんですよね…。

また小さいが故に電車の中で財布を落として、踏んだり蹴ったり。(私の性格のせいではありますが)

しかし長財布に変えてからは存在が大きく目につくからか、いざ財布が必要なときも鞄の中ですぐに目につく。
外で落としたことも一度もありません。

 

お金の出し入れがしやすい

私はチャック式の財布が苦手なので(きちんと最後まで閉めるのが面倒)ボタン式・がま口式の長財布を使っていますが

・長財布は、パチっと開けたらスッとお金が入る→閉じる。

2つ〜3つ折りは、開けたら一度伸ばして、お金を入れて、もう一度折って閉める。

小さなことかもしれませんが、2つ折り、3つ折りよりも、お金の出し入れの導線が良く、スムーズです。

 

 

小銭がたくさん入る

ミニ財布ってあまり小銭が入らないものが多いですよね。

なので、ミニ財布を使っている方の中には
「家に帰ったら小銭を全部出している」

という方もいますが、それすらも面倒くさい人には長財布の方が うってつけ。

おつりで小銭に多く出ても、入れるスペースが広いので気を遣わなくて良いです。

 

商品券などを財布に入れられるから、一つに集約できる

「あ、これ買うときこの前もらった商品券(図書カード)使えるな」

というときに限って、商品券や図書カードを持ってきていない。

そういうことが多々ありました。

そういうときでも、長財布に常に入れておけば問題ありません。

ミニ財布だとそうはいかないんですよね。

 

傷みにくい

2つ〜3つ折りタイプの財布って、折るところかどんどん傷んでいきます。それが原因で2年ペースで買い替えていました。

しかし長財布だと、そのように傷んでくる部分がない。一番の見た目の劣化は、角の黒ずみでしょうか。

だから、10年近く同じものを使っていても大丈夫。一つのお気に入りを長く使い続けられます。

 

 

女性向けおすすめ長財布

私は基本的に

  • がま口かスナップボタン式
  • 単色のものより、デザイン性のあるもの

が好きなので、そのような特徴を持ったオススメ長財布を3つご紹介します。

 

クレイサス ロングウォレット ベティ

こちらは、実際に使っていました。

色味は

  • ネイビー
  • ベージュ
  • ピンク
  • ワイン

の4色。(写真はネイビー)

デメリットは、とにかく大きくてかさばるから鞄を選ぶ、重い。

ただそれさえ気にならなければ、メリットは多いです。

メリットは

  • たくさん入る(カード10枚以上入る)
  • 商品券なども余裕で入る
  • 長持ち(10年近く使っても、角の黒ずみ以外大きな劣化なし
  • お札を入れるところ以外に背面にがま口部分があって便利。(そこに小銭を入れていました。)

↑小銭を入れていたがま口部分

口コミなどを見ると、「カードを出し入れする部分が固い」と書かれていましたが、自分の持っていたものそんなこともないので、恐らく時間が経てば柔らかくなり出し入れしやすくなります。

とにかくたくさん入るほうが良い!と言う人におすすめ。

 

Paul Smith ペタルプリントトリム 小銭入れ付き長財布

こちらは、もし長財布を次買うとしたら候補の一つ。

色は

  • ピンク
  • コラール
  • ブルー

の4色。

こちらの財布は、開けると花柄がプリントされています。

MITSUKOSHI ISETAN サイトページより引用

一見シンプルな財布なのに、開けると花柄」てめちゃくちゃ可愛くないですか?

そういう意味では色を選べば、幅広い年齢層使えると思うんですよね。以前、年上の女性にプレゼントとして購入しました。

こちらもカード、小銭などたくさん入りそう。

「もう少し薄い方が良い」という方には、ペタルプリントトリム 口金付き長財布というがま口タイプもあります。

 

 

HIRAMEKI モリスシリーズ スリムガマグチ財布

made in Japan.日本製です。
こちらも、次長財布を買うとしたら候補の一つ。

色は

  • キャメル
  • チョコ
  • ネイビー
  • レッド
  • ターコイズ
  • アンティークゴールド
  • グリーン
  • フルムーン(予約商品)

の8色。

 

財布全体に花柄が刻印されています。

めちゃくちゃ可愛い。型押しで革の表面に凹凸を出しているそう。

このお花のデザインは近代デザインの創始者、「ウィリアム・モリス」の英国伝統デザイン。すごく上品ですよね。

実物を見た感じ、個人的には「ターコイズ」という薄水色のような色合いが一番好き。

長財布にしては薄め。
がま口を開けたところにお金やカードなど全部入るので、出し入れがスマートにできますね。

 

 

まとめ

  • 長財布は大きくてかさばる。しかしそれを上回るメリットも多数有。
  • お金の出し入れがしやすいし、小銭や商品券などたくさん入る
  • 鞄の中や外で無くしづらい
  • 痛みにくく、長く使える
  • おすすめ長財布は、クレイサス、Paul Smith、HIRAMEKIモリスデザイン。

 

ミニマリスト」という言葉に囚われず、利便性・デザインを含めて自分が気に入ったものを使うのが一番。

長く使えるお気に入りの一個を見つけたいですね。

 

 

 

※追記:その後、ミニ財布に変えました。

 

 

 

 

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる