マキタのコードレス掃除機(CL281FD)を買ったら「掃除面倒くさい」が解消した【メリット・デメリット】

こんにちは、ゆきです。

  • 掃除機かけるの面倒くさい!
  • でも、お掃除ロボット買うほど家広くない
  • お掃除ロボと併用して、パッと汚れが吸える掃除機が欲しい

そんな方に向けて。

今まで私の家では親戚にもらった やや大きめ・重めコードあり掃除機を使ってました。

普通に使えていたのですが

部屋毎にコード抜いてさし変えるのが
すっっごく面倒くさい。

そして、気づけば2週間、3週間と
掃除機をかけない日が続く……

でもさすがにあまりよくないなと思って。

しかしお掃除ロボットを買うほどの部屋の広さもなく、段差もあるので

マキタのコードレス掃除機(CL281FD)を買ってみました。

マキタの中でも、一番パワーがあるコードレス掃除機。

これがすごくよかった。

まず、軽い!

そしていちいちコード差し替えないのがこんなに楽だなんて。

掃除機かける頻度

多くて週1・ひどいときは月1

ほぼ毎日に。

コードレスは確かに手軽!
でも実際のところ、使い勝手や吸引力はどうなの?デメリットはないの?

そう考えている方に向けて、
今回はマキタのコードレス掃除機を紹介します。

目次

マキタ コードレス掃除機CL281FD カプセル式&サイクロンの特徴

↑リンク先はバッテリー&充電器付ですが
別売りされていることもあるので注意。

バッテリーは他のマキタ製品でも使い回しできます。

重さはバッテリー含めて1.4kg。

私は紙パックの付け替えが面倒なので
スティック型&使ったら毎回パッと捨てることができるサイクロン式にしました。

↑この青いところにゴミが溜まります。

吸ってるうちにどんどんゴミが溜まっていくのが見えて楽しい!

紙パック型もあります

またサッシ用ノズルがついており、吸引部分を変えることができます

掃除機にくっついてるのでなくす心配もなしです。

サッシ用ノズルを真ん中で付け替えて、ハンドクリーナーにすることもできます。

パワー3段階(標準・強・パワフル)の違いと、音の大きさ

強さは

標準・強・パワフルの3段階。

といっても、標準は結構弱い…

なので

  • 普段→強
  • 溝や端など→パワフル

と使い分けています。

音は、高い「ウィーーーン」という音で
今まで使ってきた掃除機の中では
一番響かない音。

特に、標準モードだと
掃除機だとは思えないくらい音小さめです。

さすがに強・パワフルはもう少し音がします。

どれくらい使える?充電の頻度

連続使用時間
  • パワフル→約15分
  • 強→約20分
  • 標準→約50分 (3.0Ah満充電相当で測定)

とありますが、

毎日5〜10分程度 ほぼ強を使って
1週間は充電しなくてもイケます。

↑バッテリーの充電度合いは、バッテリーの下(手元側)を見ると分かります。

↑電池マークを押すと、2〜3秒光ります。これは満タン。

ちょっと見づらいのが難点ですね…

マキタ コードレス掃除機 4つのメリット

それではマキタの掃除機を実際に使って感じたメリットを紹介します。

メリット①収納場所を取らず、リビングに置いててもスタイリッシュ

今まで掃除機は洗濯機の横の隙間に置いていたのですが、それをわざわざ取りに行くのが億劫になっていて。

でもリビングに置くには圧迫感があるし、きれいにコードを畳まないと邪魔になってしまう…

なので今回は、リビングに出しっぱなしにしてても圧迫感のないデザインに。

部屋の角に置いてます。

コードがないのでスッキリ。

おかげで気になったら
すぐ手を伸ばせるので
掃除機かける頻度が激増しました。

メリット②意外と吸引力がある

コードありと比べて、コードレス掃除機は吸引力が弱くて吸わない

とよく聞きませんか?

私もそれは重々覚悟の上で

コードレス(手軽さ)>>吸引力

を優先して購入したのですが、
実際のところどうなのか?

結果、想像していた以上によく吸ってくれています。

というのも、いつも掃除機を使ったあとにクイックルワイパーを使うのですが、

  • 以前使ってたコード有掃除機→3枚目でホコリや髪の毛がつかなくなる
  • マキタのコードレス掃除機 →1枚目の時点でもそんなに髪の毛がつかない

どちらも約2週間ぶりに掃除機をかけて
そんな感じだったので

あれ?思ったより吸えてるじゃん!

となりました。

特に、引き戸の溝など
汚れが溜まりやすいところは
あとから拭いても以前より埃がつかないので
かなりしっかり吸えています。

特に、アタッチメントを変えて棒タイプにすると、吸引力が良くわかる。

矢印の白い棒がアタッチメントです。

こちらに変えると、目に見える小さいゴミなど一瞬で吸いとってくれます。

クイックルワイパーを使う量も減って、経済的になりました。

フローリングだけでなく
絨毯もガンガン埃を吸ってくれます!

メリット③手を汚さずにゴミが捨てられる

以前使っていたサイクロン掃除機も
使ったあと毎回ゴミを捨てるタイプだったのですが

ゴミが掃除機にくっついてしまい
手で引っ張らないと取れないのが
ストレスで。

しかし、マキタの掃除機はゴミが溜まる容器が長細く、
青い入れ物の下の方にゴミが溜まるので
手を汚さず、パッと捨てることができます。

白い部分を押すと、カチッと外れます。

そのままゴミ箱の上でひっくり返すだけ。

超楽。

この青いワンタッチカプセルがついてないタイプも売られてますが

絶対ついてる方を買ったほうが良いです。

メリット④スイッチを入れるとランプがつくので暗い隙間も掃除しやすい

スイッチを入れると、ランプが光ります。

おかげで暗いところでも隙間が照らされるので掃除機しやすいです。

マキタ コードレス掃除機 3つのデメリット

よく吸える&手軽さが魅力で
掃除かける回数が激増したマキタのコードレス掃除機。

しかし、デメリットもゼロではありません。

私が実際に使っていて感じたデメリットを紹介します。

デメリット①バッテリーの場所・重心の位置的に、腕がだるくなる

掃除機自体は軽い。

軽いんですが……

バッテリーの重さが590g。

そしてバッテリー装着部分が
持ち手の裏側。

重さというより、重心の位置のせいか?

使ってる内に手がだるくなります。

手元は重いのに、ヘッドはめちゃくちゃ軽いんですよね。

といっても、5〜10分位であれば
女性でも全然かけ続けられる重さではありますが

  • (家が大きいなど)長時間掃除機をかけ続けることがある
  • とにかく1mmも腕が疲れないものが良い!

という方には向いていないかもしれません。

デメリット②バッテリーは外さないと充電できない

充電がなくなったら
掃除機に直接電源を指すのではなく、
 
バッテリーを外して
充電器に指す必要があります。

週5〜6回 (1回約5分)使って 

週1回充電が必要。

わざわざ取り外さないといけないのは
少々面倒ですね。

しかも、充電器はでかくて
充電中は少々音がする。

といっても、扇風機を弱で
つけてるくらいの音なので
すごくうるさいわけではないですが…

この取り外して充電が煩わしく思うと
ちょっと不満に感じるかもしれません。

しかし、「バッテリーがへばったらサクッと変えることができる」

という点はある意味メリットでもあります。

(ダイソンの掃除機は、ドライバーでネジを外さないとバッテリーが取り替えられないので)

デメリット③自立しない(※スタンド別売り)

掃除機、単体だと自立しないんですよね。

私の家では部屋の角に置いていますが
やっぱりちょっと不安定。

しっかり安定させたい&
自立させたい場合は
スタンドが必要。↓

3900円ほど別途費用がかかります。

マキタ コードレス掃除機のメリット・デメリット まとめ

メリット
  • 収納場所を取らず、リビングに置いててもスタイリッシュ
  • ホコリ・髪の毛をよく吸う
  • 手を汚さずにゴミを捨てられる
デメリット
  • バッテリーの場所・重心の位置的に、使ってると腕がだるくなる
  • バッテリーは外さないと充電できない
  • 自立しない(※スタンド別売り


デメリットもあるけど

吸引力とコードレスを両立させるなら、マキタのコードレス掃除機がおすすめです。

場所を取らないので、狭いおうちや一人暮らしにも良い。

個人的には、一人暮らしでも掃除機は必要と感じています。

「掃除機面倒くさい…」を解消する神アイテム。

ぜひチェックしてみてください!

他にも買って良かったものについて書いています

SHARE!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる